医療法人成精会 刈谷病院のご案内

 ホーム > 部署紹介

病棟の紹介

病棟案内

病棟はすべて閉鎖病棟です。閉鎖病棟でも主治医の許可により患者単独での外出(個別開放)や、看護師や家人の付き添いで外出が可能です。

A3 男女混合の精神科救急病棟です。
原則的に3ヶ月以内の入院期間となります。
A4 男女混合の精神一般病棟です。
アルコールリハビリテーションプログラムを実施しています。
B1 男女混合の精神科救急病棟です。(高齢者対応)
原則的に3ヶ月以内の入院期間となります。
B2 男女混合の精神一般病棟です。
地域移行支援を行っています。
B1病棟

B1病棟(37床)は、精神科救急病棟であり、主に高齢者の精神疾患や認知症の患者さんを受け入れています。病棟内は患者さんが安心して療養出来るよう、暖かい雰囲気のアメニティが整備され、看護スタッフによる知覚・感情・言語による包括的コミュニケーション(認め合う関わり)を取り入れ、個別の関わりを大切に、心を込めたケアを提供しています。また、身体合併症を持つ患者さんも多く、心身共にトータル的なサポートを行っています。日ごとに回復されていく患者さんの笑顔に、看護スタッフ自身も癒され、看護する喜びを感じています。




B2病棟

B2病棟(70床)は、慢性期の精神疾患の患者さんを受け入れる精神一般病棟です。長期に渡り入院されている患者さんも多く、病状から生じる生活のしづらさと付き合いながら生活をされています。
看護スタッフは、そうした日常生活を支え、患者さんが出来るだけ夢や希望を持って主体的に生きていけるよう支援を行っています。
また、地域支援・地域定着を目指し多職種で協働し、地域生活への動機づけを行っています。
慢性期病棟では、患者さんとじっくり関わり、信頼関係を築いていくことが出来ます。看護スタッフは患者さんの笑顔や変化に日々喜びとやりがいを感じています。





A3病棟

A3病棟(48床)は精神科救急病棟です。
緊急で治療が必要な患者さんや休息が必要な患者さんなどに対し、充実した人員配置によって手厚い医療・看護を提供し集中した入院治療を行っています。
短期間(約3ヶ月以内)での退院を目指して、多職種でチーム医療を行い、協力してその人らしい生活が送れるように支援しています。患者さんやご家族に寄り添うことを日々の業務で心がけています。




A4病棟

A4病棟(52床)は、アルコール医療と精神一般の混合病棟です。入院されている患者さんは統合失調症・うつ病・認知症・アルコール依存症や身体管理が必要な患者さんなど多種多様で、入退院も多い病棟です。
アルコール依存症の方には、アルコールリハビリテーションプログラム(ARP)を行っています。刈谷病院の20年以上に及ぶアルコール看護の伝統は、1人のアルコール患者さんに1人の担当看護師が関わり、手厚く看護を行うことです。
また、アルコール依存症のご家族に対しては、家族教室や家族支援プログラムを行っています。




外来紹介

刈谷病院の外来は12診の診察室をフル活用し、単科の精神科病院としては全国でも比類ない患者数を受け入れています。地域医療主体の今、精神科診療はもちろんのこと、児童外来・アルコール依存症・禁煙治療など、児童から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが来院されます。看護師5名とクラーク1名で構成されるスタッフは、院内外の他職種と連携し患者サポートに努めています。病状が不安定な方や退院後の患者さんが、通院により安定された本来の姿を取り戻し、回復されていく様子を目前で感じられることは、私たち外来スタッフの喜びであり励みとなっています。




看護体制

  • 看護提供体制
    受け持ち性を取り入れたモジュール型継続受け持ち方式と、プライマリーナーシングを取り入れています。どちらも、受け持ち看護師が患者に責任を持ち主体的に関わりますが、より広い視野で「患者にとってのベスト」を追求できるよう、チームで介入をしています

  • 勤務体制
    2交代制です。
    病棟や部署の特徴に合わせて、患者さんにとっても働く職員にとっても、安全で安心な勤務体制を目指しています。
     2交代制
    日勤/9:00~17:00
    夜勤/16:30~9:30
    実労働時間 7時間です。
    部署によっては早出・遅出勤務があります。

  • 子育て支援
    子育て中の看護職員も多く、院内託児所(こぶた保育園)はもちろんのこと、個別に相談を受けながら長く就労できるよう支援をしています。
ページトップへ